穏やかな風景

ストレスを溜めるリスク

ストレスを抱える男女

仕事をしていると少なからずストレスを感じることがあるでしょう。職種によってはストレスの度合いも異なってくるものですが、上司や同僚との人間関係、または日々の残業などでストレスを溜める人は多いと言えます。

過度なストレスはダメージとなり、心や身体に影響を及ぼすことがあります。心のキャパシティを器として考えると、溜まったストレスが器から溢れ出してしまうことで、心や身体のバランスが崩れるきっかけになるのです。

例えば些細な出来事でイライラするようになったり、突然不安や悲しみに襲われて涙が出てきたりと、感情的になる原因にはまず最初にストレスが考えられます。集中力の低下や無気力なども同様で、これを心理的症状と言います。
また、身体的症状としては頭痛や食欲不振、女性であれば生理不順なども挙げられ、体調を崩すケースも珍しくありません。

ストレスがもたらす最も深刻な症状には睡眠障害だと言えるでしょう。睡眠は人間に必要なもので、心と身体のバランスを保つためにも欠かせないのですが、ストレスにより眠れなくなると症状は悪化の一途を辿ることになります。うつ病を発症する人も多いため、ストレスは決して軽視して良いものではないのです。

社会人だけではなく主婦や学生もストレスを感じることがあります。睡眠障害などに陥ると、ルネスタなどの睡眠薬を用いた専門的な治療が必要になることもあるので、早めに対策を行いましょう。もし既に不眠の症状があれば、出来るだけ早めに治療を開始することが最適です。

不眠や感情の起伏は心と身体からのサインです。自分でも気付かないうちにストレスが溜まっていることも十分に有り得るので、サインを見逃さないようにしましょう。定期的にストレスチェックを行うことも悪くありません。