穏やかな風景

ルネスタのジェネリック

薬局の受付女性

医療機関で睡眠障害の治療を受ける際には、診断結果を基に処方せんが作成され、それを薬局に提出し薬を処方してもらうという流れになります。これまでは新薬(先発薬)を処方されることが多かったものの、近年ではジェネリック医薬品を選択する権利が患者側に与えられ、医師と相談をしながら治療法を決定することが主流です。

ジェネリック医薬品は新薬と効果・成分がほぼ同じで、価格は新薬よりも安く、医療費を抑えることが出来ます。また、ジェネリック医薬品は通販で購入することも可能で、その場合には医師の処方せんが必要ありません。
睡眠障害の症状を自分で改善させたいという人は、便利な通販を利用してみると良いでしょう。

しかしジェネリック医薬品を服用する前にメリットやデメリットを知ることは必要です。まずメリットに注目してみると、やはり安価であることが第一に挙げられるでしょう。
睡眠障害の治療には睡眠薬が処方されるものですが、ジェネリック医薬品を選択すると最安で半額程度になるケースもあるのです、ルネスタだけでも数種類のジェネリック医薬品があるので、価格や評判を比較してみることも大切になります。

ジェネリック医薬品のデメリットとしては、新薬と主成分が同じであっても、それ以外の成分(添加物など)に多少の違いがあるということでしょう。主成分が同じだと期待出来る効果はほぼ一緒ですが、人によっては効き目に差が現れることも十分に考えられます。
しかしルネスタのように複数のジェネリック医薬品がある場合、それぞれを比較して自分に合う睡眠薬を選択出来るため、あまり深刻なデメリットではありません。

ただしアレルギー体質である人などは購入前に成分表などにしっかり目を通し、安全性を確かめた上で服用することが重要です。医師の処方せんが要らない通販を利用するなら、知識をつけた上で睡眠薬を選択することが望ましいでしょう。