穏やかな風景

睡眠薬選びの基本

ピンクのカプセル薬

睡眠障害の治療には睡眠薬が用いられることが多く、医療機関を受診すると高い確率でルネスタなどを処方されます。カウンセリング治療なども平行して行われることもありますが、それは患者が抱える症状の重さによって異なるものです。

睡眠薬に対して不安を抱えている人は多いと言えます。依存性や副作用に関する悪いイメージが払拭しきれず、治療とは言え、実際に服用するとなると少なからず不安を抱くものでしょう。
しかし医療技術の発達により医薬品は日々進化を繰り返しています。確かに一昔前の睡眠薬は依存性が高かったり副作用が強かったりして、あまり良いイメージは抱かれていませんでした。
ですが現在では依存性が少なく副作用も抑えられた睡眠薬が主流になっています。ルネスタは医療機関で処方される睡眠薬ですが、その安全性や効果の高さが注目され、睡眠障害の程度を問わず多くの患者が治療目的で利用しています。

もしも医療機関を受診せずに睡眠障害の改善を目指すなら、豊富な医薬品の中から適切なもの自ら選択しなければいけません。その際には睡眠薬のタイプと自身の症状を考慮する必要があります。

睡眠薬には超短時間型から長時間型までの4つのタイプが存在し、それぞれ作用時間に違いがあります。眠りが浅く数時間おきに目が覚めるという人には中間型から長時間型の睡眠薬という風に、作用時間によって服用する睡眠薬を選択することが可能です。

通販を利用して睡眠薬を購入することも珍しくなくなりました。ほとんどの通販では販売している医薬品の効果・効能に加え、服用方法なども記載されています。睡眠薬をより安全に使用するためにも、情報をしっかりと集めた上で自分に合うものを購入するようにしましょう。