穏やかな風景

早めの治療が肝心!

危険を表すマーク

入眠障害や中途覚醒、熟眠障害など、睡眠障害にはいくつかの特徴的な症状があります。それぞれ原因が異なっている可能性もありますが、治療を行う上では十分な睡眠時間を設けることが優先され、そのために睡眠薬が用いられるのです。

眠れないという症状はすぐにでも改善しなければいけません。睡眠不足を放置すると重大なトラブルが生じる恐れがあるからです。睡眠障害の症状が軽いうちに治療することはかなり重要だと言えます。

十分な睡眠を取れていない場合、体力の低下を招きます。疲れやすくなり、日中ずっと気だるさを感じることになるでしょう。また、免疫力の低下も懸念されます。風邪を引きやすくなったり感染症にかかりやすくなったりと、体調を崩しやすくなることもあるのです。

床に入っても眠れない時、または数時間おきに目が覚めてぐっすり眠れない時などは、脳が活動状態にあるためきちんと休息が得られておらず、日中ぼーっとしたり集中力が欠けたりします。この症状が悪化すると交通事故などを引き起こすリスクが高まります。実際に居眠り運転による交通事故は多発しており、睡眠障害を放置することはとても危険なのです。

他にも心臓病や糖尿病のリスク増加、代謝が低下することによる体重増加などが挙げられます。不眠は軽度であっても放置せずに、適切な方法で改善させることが大切です。
ルネスタは軽度の不眠症患者に処方される睡眠薬で、それ以外にも様々な睡眠薬が睡眠障害の改善に役立てられています。ジェネリック医薬品を通販で取り寄せることも可能です。

しかし睡眠薬を用いても症状が改善されないことがあります。その場合は睡眠時無呼吸症候群などの疾患が考えられ、睡眠薬を服用すると逆効果になる恐れもあるため、医療機関を受診することが必要になります。